Top2008年09月12日 »

最新記事【2008年09月09日】

.

ここ数年、自転車保険を取り扱う保険会社が少なくなり、
特に2004年以降、自転車保険の個人加入を取りやめや、
自転車保険自体を取りやめる保険会社が多くなりました。
現在、自転車保険を取り扱っている保険会社は、
損保ジャパン、ゼネラリ保険、共栄火災海上保険、日新火災海上保険、
などの数社のみの販売となっています。(医療保険は除く)

たとえば、損保ジャパンの自転車保険は、自転車総合保険という商品名で販売されていますが、
家族型の自転車保険で、1人が加入することで、家族全員が補償の対象となります。

自転車事故に遭ったときの、傷害保険の範囲も広く、
死亡保険金、後遺障害保険金、入院保険金、通院保険金と手厚い補償が受けられます。

また、自転車事故の被害者であった場合、加害者側から賠償補償を受けた場合でも、
別途保険金を受け取ることができます。

相手に怪我などを負わせてしまった場合の賠償責任も
最高2000万円まで補償されています。

大手保険会社が自転車保険の販売を取りやめる中、
損保ジャパンの自転車総合保険は根強い人気があります。

また、ゼネラリ保険の自動車総合保険は、個人での保険加入が可能であるため、
単身者にとっては他社と比較すると保険料を抑えることができるというメリットがあります。

ゼネラリ保険の自転車保険の大きな特徴は、賠償補償の最高額が1億という補償の手厚さにあります。

自転車事故であっても、怪我の程度によっては、大きな後遺症を負わせてしまうこともあり、
その場合の賠償補償は大変大きな金額になることもあります。

そのような場合に、賠償補償金が高い保険に加入していれば、
相手の方への補償も手厚いものとなります。

ゼネラリ保険は、家族型、個人型の自転車保険ともに5段階の補償から選ぶことができるため、
自転車に乗る頻度、場所や距離などによって、どのタイプに加入するか選ぶことができ、
自由度が高いことから人気があります。

また、自らけがをするとも限りません。
その際には、あらかじめ医療保険に加入することもお勧めします。
このサイトでは、自らが怪我した際に、治療費を安心してもらうための、
医療保険についてご紹介しています。

保険を無料で請求する!

.

自転車保険を選ぶ際には、まず、自転車保険でなにを重視するかということがポイントになります。
単身者であり、できるだけ保険料を低く抑えたいという人なら、
個人でも加入できる自転車保険を選ぶことをおすすめします。

逆に家族がいる人は、
一人の加入で家族全員が補償を受けられる家族型の自転車保険への加入がおすすめです。

そのほかのポイントとしては、
怪我をした場合などの傷害補償の内容を手厚くするのか、
怪我を負わせた場合の損害補償の内容を手厚くするのかによって選ぶ自転車保険も変わってきます。

現在、自転車保険を販売している保険会社が減っていることもあり、
選択肢が少ないという難点もありますが、たとえば、自動車保険そのものや、
自動車保険や火災保険などの特約に自転車事故に関する補償が含まれている場合もあります。

自転車事故は増加傾向にあり、自転車の利用者もまた増えていることから、
今後ますます自転車保険の加入を希望する人も増えてくると想定されます。

自転車保険の種類が少ないことから、たとえば盗難補償をカバーしていないなど、
1つの自転車保険では、希望する補償をすべてカバーできない場合もあります。

そのような場合は、自転車保険の加入をあきらめるのではなく、
ほかの保険の特約で足りない補償をカバーするよう検討するなど、
いくつかの保険を組み合わせるという方法も考えてみてはいかがでしょうか。

特に、自転車の盗難補償については、
自転車の販売店や自転車メーカーの盗難補償に加入するなどして、
自転車保険そのものは傷害補償や損害賠償補償などの金額や
補償内容を検討してみることをおすすめします。

保険を無料で請求する!

.

自転車保険のメリットとは。
自転車はかなりスピードが出ますから、事故が起きた状況によっては、 かなり重症を負う場合も想定されます。 自転車は、事故を起こした場合には道路交通法上では軽車両として扱われ、
自動車と同様の罰則規定が定められています。

特に相手が大怪我をしてしまったような場合には、
治療費などの損害賠償も高額なものになります。

また、自転車事故は、誰かに怪我をさせてしまうだけでなく、自分が怪我をする場合もあり、
人の家や物を壊してしまう場合もあります。

そのような場合、相手の怪我の治療費、物の修理などにかかる損害賠償や、
自分の怪我の治療費などが、保険金による補償される自転車保険に加入していれば、
金銭的な負担を軽減することができます。

また、自転車保険のほとんどが、家族型の契約となっていますから、
お子さんなど自転車に乗る家族すべてが保険の対象となります。

最近は自転車の種類も多く、また自転車の利用者が増えていることから、
自転車事故の件数も多くなっています。

自転車の種類によってはかなりスピードが出ますから、
後遺症の残るような大怪我をしてしまう自転車事故も増加傾向にあります。

自転車保険は、自分が自転車に乗って転んでしまった場合も補償されますから、
車などをよけようとしたり、自転車をよけようとしたりして転んでしまうケースを考えると、
ぜひ加入を検討したい保険です。

また、補償内容が自転車での事故に特化されていることから、
保険金も比較的安いというメリットがあります。

保険を無料で請求する!

.

自転車保険は、自転車に乗っていて、怪我をしたとき、 相手に怪我をさせたとき、物などを壊したときに保険金による補償が受けられるというものです。 自転車に関するトラブルで、件数が多いのは盗難といわれていますが、
現在販売されている自転車保険の大部分が盗難に対する補償はありません。

そのため、自転車の盗難にも補償を持たせたい場合には、
自転車を購入したお店や、自転車を販売しているメーカーと
別途、盗難補償契約を結ぶ必要があります。

自転車の盗難被害は大変多く、自転車のトラブルと聞いて、自転車による事故よりも、
自転車の盗難のほうが思い浮かぶ人も多いようで、
盗難補償がないという理由で保険会社の自転車保険の加入をあきらめる人も多いそうです。

また、保険会社で、単体で自転車保険を取り扱う会社が減っていることから、
選択肢が少ないということと、個人加入できる自転車保険が少ないということです。

以前は、自転車保険は個人型と家族型があり、保険料も異なりましたが、
個人型がないということは、1人でも家族単位でも保険金が同額ということになり、
単身者が加入する場合、保険料が割高になってしまいます。

また、自転車保険の保険金が支払われるケースには制限があって、
たとえば、同居の親族に対して怪我を負わせてしまった場合の賠償責任はなく、
保険金は支払われません。

そのほか、保険会社によっては自転車保険の加入年齢に制限があり、
たとえば加入は60歳以下に限定されている場合もあります。

高齢化社会で、年配の方でも自転車に乗っている人が多い中、
このような年齢による加入制限は大きなデメリットであるといえます。

保険を無料で請求する!

.

自転車を運転しているときに、
誰かに自転車をぶつけてしまった場合にはどうすればいいのでしょうか?
自転車で人にぶつかった場合、運転している人も怪我をしてしまうこともありますが、
ここでは、自転車を運転していた人は怪我をしていないという前提で話をすすめてみたいと思います。

まず、すみやかに相手の様子を見て、
怪我をしていないか?痛むところはないか?確認をとるようにしましょう。

自転車で事故を起こして相手に怪我をさせてしまった場合には、
自転車は道路交通法上では軽車両として扱われ、自動車と同様の罰則規定が定められています。

そのため、警察への届出も必要になります。

相手が怪我をしていたら、救急車を手配する、病院へ搬送するなど、
すぐに怪我の手当をする必要があります。

その際に発生する治療費などは、自転車を運転している人の過失であれば、
基本的にはすべて負担しなくてはなりません。

自動車の場合は自賠責保険の加入が義務付けられていますが、
自転車の場合は保険の加入は任意になりますから、もし、自転車保険に加入していない場合には、
治療費などの賠償責任を自分で負わなければならなくなります。

もし、自転車保険に加入している場合には、
事故後、すみやかに保険会社に連絡し、所定の手続きを取る必要があります。

自転車保険の適用を受けるためには、保険会社指定の用紙に、
事故の状況を詳細に記入して提出するほか、示談書などの書類、
また、怪我をした人の損害を証明する書面など、
保険会社から求められる書類を揃え、提出しなければなりません。

自転車に乗って、誰かに怪我をさせてしまったら、まずはあわてずに救急車を手配するなど、
落ち着いて対処するようにし、警察に届け出るようにしてください。

動揺したり、怖くなったりすることがあるかもしれませんが、
決して怪我をした人をそのままにして立ち去らないようにしましょう。

保険を無料で請求する!

.

自転車保険で対処する!
自転車事故に遭って怪我をしてしまった場合には、かすり傷程度の軽症の場合を除き、
きちんと病院で診断を受けるようにしましょう。
特に頭を打ったりした場合、出血がなくても脳や頭蓋骨に損傷を負っている場合もあります。

事故に遭った直後は、そのショックで痛みを強く感じないケースもありますから、
自分が思っている以上に重症のケースも多いので、必ず病院に行くようにしましょう。

また、周囲に人がいる場合には、助けを求め、救急車を手配してもらうようにしてください。

怪我の手当が済んだら、自転車保険や個人損害賠償責任保険など
自分または家族の加入している保険の内容を確認して、
怪我の補償が受けられるかどうか調べる必要があります。

補償の対象となる場合には、保険会社の窓口に速やかに連絡を取り、
先方の指示をあおぎ、必要な書類などをそろえて続きを取るようにしましょう。

また、相手に怪我を負わされた場合は、
相手が自転車保険などに加入して、治療費などを補償してもらえるかどうかによって、
大きく対応が異なってきます。

まず、自分ではそれほどたいしたことはない怪我かもしれないと思ったとしても、
後から症状がでてきた、後遺症が出るなど、問題がある場合もありますから、
必ず病院で診察を受け、診断書を取るようにしてください。

自転車保険は任意加入のため、誰もが加入しているわけではなく、
事故を起こした人が損害賠償責任保険にも加入していないケースもあります。

そのような場合には、事故を起こした人が自己責任として、
原則として怪我の補償を行わなければなりませんが、特に重症の場合などは、
治療費や入院費以外にも、怪我が回復するまでの給与補償などもあり、かなり高額になります。

そのため、事故を起こした人の年齢や経済状況によっては、
支払いができない、難しいなどの問題が発生することが多いようです。

怪我はそのときだけではなく、後遺症が残ることもありますから、
怪我を負わされた側がそういった治療費も負担するのはとても大変で理不尽なことです。

もし、相手が保険未加入の場合は、弁護士など、しかるべき人を間に立てて、
できうる限りの補償を得るように働きかけるとともに、
自分の加入している保険の内容を再度確認して、
受けられる補償はないか調べてみるようにしましょう。

保険を無料で請求する!

.

不幸にも自転車の盗難被害に遭ってしまったら、
すぐに近くの交番や警察署に届け出るようにしましょう。
自転車の防犯登録を済ませている人は、防犯登録の控えを持っていくことで、
盗難に遭った自転車の発見の手がかりになりますから、忘れずに持参するようにしてください。

盗難被害に遭った場合は、自転車を盗まれたことで、動揺しているとは思いますが、
警察では落ち着いて、被害に遭った場所、自転車を停めていた時間などを
できるだけ正確に伝えるようにしましょう。

また、自転車の盗難に遭ったあと、自分の自転車に乗っている人を見かけた場合は、
自分でその人を追いかけたりすることは大変危険ですから、
必ず警察に連絡をするようにしてください。

交番や警察署に自転車盗難の被害届を提出したあとは、
警察からの連絡を待つことになります。

もし、自転車メーカーや自転車販売店などと、自転車盗難補償の契約を結んでいる場合には、
盗難に遭ったことを連絡し、所定の手続きをとるようにしましょう。

自転車保険に加入し、オプションで盗難補償がついている場合には、
保険会社にも連絡を取っておく必要がありますが、
自転車保険の補償内容で、盗難までカバーしている保険は少ないのが現状です。

自転車メーカーや自転車販売店の盗難補償は、一部自己負担になりますが、
購入からの年数や、きちんと施錠していたか、警察に盗難届を提出しているかなど、
所定の要件を満たしていれば、補償を受けることができます。

自転車の盗難被害に遭ったら、警察への届出をはじめ、
保険会社や自転車販売店、自転車メーカーなど、盗難補償の契約を結んでいる会社や店舗などに、
必要に応じて速やかに盗難被害について連絡する必要があります。

保険を無料で請求する!

.

自転車の盗難被害は大変多く、
短い時間自転車から離れただけでも盗難の被害に遭うことは珍しくありません。
大切な自転車を盗難被害から防ぐためには、
どんなに短い時間でも、きちんと鍵をかけるように心がけることが大切です。

自転車の盗難被害は、鍵をかけていなかったという人が、
全体の半数以上といわれていますから、鍵をかけることで盗難防止につながるともいえます。

また、自転車の鍵は1つだけではなく、複数個つけることで、盗難の防止効果も高まります。

そして、できるだけ駐輪場に停めるようにし、
人通りの少ない場所や人目につきにくい場所での路上駐車は避けるようにしましょう。

たとえば、道路などに駐車する場合は、近くにフェンスやバーなど、
ワイヤータイプの鍵がかけられる場所があれば、そこにワイヤー錠を通して、
自転車を固定するようにすることをおすすめします。

ワイヤー錠の自転車盗難防止効果は高いとはいわれていますが、
ワイヤー錠が切断されることもあります。

最近では、ワイヤー錠の種類も増え、スチールリンクケーブルのように
耐切断性に優れた素材を使ったワイヤー錠なども販売されています。

自転車を購入する際に、きちんと防犯登録をしておくことで、
もしも盗難被害にあっても、被害届けを出す際に防犯登録番号を伝えることで、
自転車の早期発見につながります。

また、自宅の庭やマンションの駐輪場に停めている間に
盗難に遭うケースも増えているそうですから、自転車を停めたら、
場所がどこであろうと必ず鍵をかけるように習慣づけることが盗難防止につながります。

保険を無料で請求する!

.

自転車保険の豆知識。
自転車事故は、増加傾向にあり、毎年、死亡事故をはじめ、
自転車にかかわる大きな事故が多数発生しています。
自転車事故が起きる大きな原因としては、
自動車事故と同じく、スピードの出しすぎやわき見運転が挙げられます。

最近、自転車の種類が増え、街中でも、
普通のタイプの自転車以外にマウンテンバイクや電動自転車などに乗っている人を
たくさん見かけるようになりました。

スピードの出る自転車が増えていることや、スピードを出しすぎている人が増えていることが、
自転車事故の被害を大きくしているともいえます。

また、携帯電話で話しながら自転車に乗っている人や、
ヘッドホンで音楽を聴きながら自転車に乗っている人が、
会話や音楽に気を取られて自転車事故を起こしているケースも年々多くなっています。

最近の道路交通法改正で、話題になった、
自転車の2人乗りや3人乗りも自転車事故が起こる原因といわれています。

特に保育園や幼稚園にお子さんを連れて行くお母さんを中心に、
普通の自転車の前後にお子さんを乗せているケースが多く、
大変バランスが悪く危険であるため、自転車の転倒事故や衝突事故につながるといわれています。

また、自転車に乗っている人の中には、交通ルールやマナーを守らない人も多く、
そういった非常識さが自転車事故の原因にもつながります。

特に、車道で交通ルールを無視することは自動車との大きな事故につながりますし、
歩道での交通ルールの無視は、歩行者を巻き込んだ事故につながります。

そのため、自転車事故を防ぐためには、スピードの出しすぎに注意し、
わき見運転を避け、マナーや交通ルールを守るという、
大変基本的なことが一番大切であるともいえます。

保険を無料で請求する!

自転車保険で愛車の盗難・事故時も安心!№1自転車保険が分かる比較ナビ

自転車保険、いざという時の備えを考えよう!自転車事故が急増している昨今、自分が被害を受けるか、または相手を怪我させてしまうことも・・・そんな時、自転車保険に入っていれば、保障がしっかりうけられる!そんな自転車保険の徹底ガイド!