Top >  自分が傷ついた場合 >  自転車に乗っていて、自分が怪我をした場合

自転車に乗っていて、自分が怪我をした場合

! 自転車事故に遭って怪我をしてしまった場合には、かすり傷程度の軽症の場合を除き、 きちんと病院で診断を受けるようにしましょう。 特に頭を打ったりした場合、出血がなくても脳や頭蓋骨に損傷を負っている場合もあります。

事故に遭った直後は、そのショックで痛みを強く感じないケースもありますから、
自分が思っている以上に重症のケースも多いので、必ず病院に行くようにしましょう。 また、周囲に人がいる場合には、助けを求め、救急車を手配してもらうようにしてください。

怪我の手当が済んだら、自転車保険や個人損害賠償責任保険など 自分または家族の加入している保険の内容を確認して、 怪我の補償が受けられるかどうか調べる必要があります。

補償の対象となる場合には、保険会社の窓口に速やかに連絡を取り、 先方の指示をあおぎ、必要な書類などをそろえて続きを取るようにしましょう。

また、相手に怪我を負わされた場合は、 相手が自転車保険などに加入して、治療費などを補償してもらえるかどうかによって、 大きく対応が異なってきます。

まず、自分ではそれほどたいしたことはない怪我かもしれないと思ったとしても、 後から症状がでてきた、後遺症が出るなど、問題がある場合もありますから、 必ず病院で診察を受け、診断書を取るようにしてください。

自転車保険は任意加入のため、誰もが加入しているわけではなく、 事故を起こした人が損害賠償責任保険にも加入していないケースもあります。

そのような場合には、事故を起こした人が自己責任として、 原則として怪我の補償を行わなければなりませんが、特に重症の場合などは、 治療費や入院費以外にも、怪我が回復するまでの給与補償などもあり、かなり高額になります。


そのため、事故を起こした人の年齢や経済状況によっては、 支払いができない、難しいなどの問題が発生することが多いようです。

怪我はそのときだけではなく、後遺症が残ることもありますから、 怪我を負わされた側がそういった治療費も負担するのはとても大変で理不尽なことです。

もし、相手が保険未加入の場合は、弁護士など、しかるべき人を間に立てて、 できうる限りの補償を得るように働きかけるとともに、 自分の加入している保険の内容を再度確認して、 受けられる補償はないか調べてみるようにしましょう。


印鑑 通販


その他保険,自転車,怪我,事故,年齢の情報

自転車保険のランキング紹介!人気の自転車保険は?
ここ数年、自転車保険を取り扱う保険会社が少なくなり、 特に2004年以降、自転車保険の個人加入を取りやめや、 自転車保険自体を取りやめる保険会社が多くなりました。

自転車保険の正しい選び方!それぞれの目的を見分ける!
自転車保険を選ぶ際には、まず、自転車保険でなにを重視するかということがポイントになります。

自転車保険のメリットを知ろう!
自転車保険のメリットとは。
自転車はかなりスピードが出ますから、事故が起きた状況によっては、 かなり重症を負う場合も想定されます。

自転車保険のデメリットを知ろう。加入前に知っておきたいこと。
自転車保険は、自転車に乗っていて、怪我をしたとき、 相手に怪我をさせたとき、物などを壊したときに保険金による補償が受けられるというものです。

自転車保険を利用!人を傷つけてしまった時はどうする?!
自転車を運転しているときに、 誰かに自転車をぶつけてしまった場合にはどうすればいいのでしょうか?

盗難にあってしまった場合の対処方法を知ろう
不幸にも自転車の盗難被害に遭ってしまったら、 すぐに近くの交番や警察署に届け出るようにしましょう。

盗難に会わないためには!まずはセキュリティ対策!
自転車の盗難被害は大変多く、 短い時間自転車から離れただけでも盗難の被害に遭うことは珍しくありません。

自転車事故はどうして起きるの?最近の道路事情
自転車保険の豆知識。
自転車事故は、増加傾向にあり、毎年、死亡事故をはじめ、自転車にかかわる大きな事故が多数発生しています。


自分が傷ついた場合

自分が事故により怪我をしてしまった場合の対処とは。自転車保険のマニュアルを記載します。

関連エントリー

自転車に乗っていて、自分が怪我をした場合