Top >  人を傷つけた際の対処法 >  自転車保険を利用!人を傷つけてしまった時はどうする?!

自転車保険を利用!人を傷つけてしまった時はどうする?!

自転車を運転しているときに、
誰かに自転車をぶつけてしまった場合にはどうすればいいのでしょうか?


自転車で人にぶつかった場合、運転している人も怪我をしてしまうこともありますが、
ここでは、自転車を運転していた人は怪我をしていないという前提で話をすすめてみたいと思います。

まず、すみやかに相手の様子を見て、
怪我をしていないか?痛むところはないか?確認をとるようにしましょう。

自転車で事故を起こして相手に怪我をさせてしまった場合には、
自転車は道路交通法上では軽車両として扱われ、自動車と同様の罰則規定が定められています。

そのため、警察への届出も必要になります。

相手が怪我をしていたら、救急車を手配する、病院へ搬送するなど、
すぐに怪我の手当をする必要があります。

その際に発生する治療費などは、自転車を運転している人の過失であれば、
基本的にはすべて負担しなくてはなりません。

自動車の場合は自賠責保険の加入が義務付けられていますが、
自転車の場合は保険の加入は任意になりますから、もし、自転車保険に加入していない場合には、
治療費などの賠償責任を自分で負わなければならなくなります。

もし、自転車保険に加入している場合には、
事故後、すみやかに保険会社に連絡し、所定の手続きを取る必要があります。

自転車保険の適用を受けるためには、保険会社指定の用紙に、
事故の状況を詳細に記入して提出するほか、示談書などの書類、
また、怪我をした人の損害を証明する書面など、
保険会社から求められる書類を揃え、提出しなければなりません。

自転車に乗って、誰かに怪我をさせてしまったら、まずはあわてずに救急車を手配するなど、
落ち着いて対処するようにし、警察に届け出るようにしてください。

動揺したり、怖くなったりすることがあるかもしれませんが、
決して怪我をした人をそのままにして立ち去らないようにしましょう。

人気口コミコンテンツサイト

痩身エステの口コミランキング。エステのことは口コミで調べるのが一番。分かりやすくエステをご紹介。
痩身エステ 口コミランキング


その他自転車,保険,怪我,事故,プランの情報

自転車保険のランキング紹介!人気の自転車保険は?
ここ数年、自転車保険を取り扱う保険会社が少なくなり、 特に2004年以降、自転車保険の個人加入を取りやめや、 自転車保険自体を取りやめる保険会社が多くなりました。

自転車保険の正しい選び方!それぞれの目的を見分ける!
自転車保険を選ぶ際には、まず、自転車保険でなにを重視するかということがポイントになります。

自転車保険のメリットを知ろう!
自転車保険のメリットとは。
自転車はかなりスピードが出ますから、事故が起きた状況によっては、 かなり重症を負う場合も想定されます。

自転車保険のデメリットを知ろう。加入前に知っておきたいこと。
自転車保険は、自転車に乗っていて、怪我をしたとき、 相手に怪我をさせたとき、物などを壊したときに保険金による補償が受けられるというものです。

自転車に乗っていて、自分が怪我をした場合
自転車保険で対処する!
自転車事故に遭って怪我をしてしまった場合には、かすり傷程度の軽症の場合を除き、きちんと病院で診断を受けるようにしましょう。

盗難にあってしまった場合の対処方法を知ろう
不幸にも自転車の盗難被害に遭ってしまったら、 すぐに近くの交番や警察署に届け出るようにしましょう。

盗難に会わないためには!まずはセキュリティ対策!
自転車の盗難被害は大変多く、 短い時間自転車から離れただけでも盗難の被害に遭うことは珍しくありません。

自転車事故はどうして起きるの?最近の道路事情
自転車保険の豆知識。
自転車事故は、増加傾向にあり、毎年、死亡事故をはじめ、自転車にかかわる大きな事故が多数発生しています。


人を傷つけた際の対処法

人を傷つけてしまった場合、どうしたらよいのか??まずは落ち着いて行動しましょう。

関連エントリー

自転車保険を利用!人を傷つけてしまった時はどうする?!