Top >  デメリットは何? >  自転車保険のデメリットを知ろう。加入前に知っておきたいこと。

自転車保険のデメリットを知ろう。加入前に知っておきたいこと。

自転車保険は、自転車に乗っていて、怪我をしたとき、 相手に怪我をさせたとき、物などを壊したときに保険金による補償が受けられるというものです。

自転車に関するトラブルで、件数が多いのは盗難といわれていますが、 現在販売されている自転車保険の大部分が盗難に対する補償はありません。

そのため、自転車の盗難にも補償を持たせたい場合には、 自転車を購入したお店や、自転車を販売しているメーカーと 別途、盗難補償契約を結ぶ必要があります。

自転車の盗難被害は大変多く、自転車のトラブルと聞いて、自転車による事故よりも、 自転車の盗難のほうが思い浮かぶ人も多いようで、 盗難補償がないという理由で保険会社の自転車保険の加入をあきらめる人も多いそうです。

また、保険会社で、単体で自転車保険を取り扱う会社が減っていることから、 選択肢が少ないということと、個人加入できる自転車保険が少ないということです。

以前は、自転車保険は個人型と家族型があり、保険料も異なりましたが、 個人型がないということは、1人でも家族単位でも保険金が同額ということになり、 単身者が加入する場合、保険料が割高になってしまいます。

また、自転車保険の保険金が支払われるケースには制限があって、 たとえば、同居の親族に対して怪我を負わせてしまった場合の賠償責任はなく、 保険金は支払われません。

そのほか、保険会社によっては自転車保険の加入年齢に制限があり、 たとえば加入は60歳以下に限定されている場合もあります。 高齢化社会で、年配の方でも自転車に乗っている人が多い中、 このような年齢による加入制限は大きなデメリットであるといえます。



ほねつぎ浜松はりきゅう接骨院


その他の情報

自転車保険のランキング紹介!人気の自転車保険は?
ここ数年、自転車保険を取り扱う保険会社が少なくなり、 特に2004年以降、自転車保険の個人加入を取りやめや、 自転車保険自体を取りやめる保険会社が多くなりました。

自転車保険の正しい選び方!それぞれの目的を見分ける!
自転車保険を選ぶ際には、まず、自転車保険でなにを重視するかということがポイントになります。

自転車保険のメリットを知ろう!
自転車保険のメリットとは。
自転車はかなりスピードが出ますから、事故が起きた状況によっては、 かなり重症を負う場合も想定されます。

自転車保険を利用!人を傷つけてしまった時はどうする?!
自転車を運転しているときに、 誰かに自転車をぶつけてしまった場合にはどうすればいいのでしょうか?

自転車に乗っていて、自分が怪我をした場合
自転車保険で対処する!
自転車事故に遭って怪我をしてしまった場合には、かすり傷程度の軽症の場合を除き、きちんと病院で診断を受けるようにしましょう。

盗難にあってしまった場合の対処方法を知ろう
不幸にも自転車の盗難被害に遭ってしまったら、 すぐに近くの交番や警察署に届け出るようにしましょう。

盗難に会わないためには!まずはセキュリティ対策!
自転車の盗難被害は大変多く、 短い時間自転車から離れただけでも盗難の被害に遭うことは珍しくありません。

自転車事故はどうして起きるの?最近の道路事情
自転車保険の豆知識。
自転車事故は、増加傾向にあり、毎年、死亡事故をはじめ、自転車にかかわる大きな事故が多数発生しています。


デメリットは何?

自転車保険に入ったはいいけれど、デメリットもあるんです。加入前に考えることはこちら。

関連エントリー

自転車保険のデメリットを知ろう。加入前に知っておきたいこと。