Top >  自転車保険の選び方 >  自転車保険の正しい選び方!それぞれの目的を見分ける!

自転車保険の正しい選び方!それぞれの目的を見分ける!

自転車保険を選ぶ際には、まず、自転車保険でなにを重視するかということがポイントになります。

単身者であり、できるだけ保険料を低く抑えたいという人なら、 個人でも加入できる自転車保険を選ぶことをおすすめします。 逆に家族がいる人は、 一人の加入で家族全員が補償を受けられる家族型の自転車保険への加入がおすすめです。

そのほかのポイントとしては、 自分が怪我をした場合などの傷害補償の内容を手厚くするのか、 相手に怪我を負わせた場合の損害補償の内容を手厚くするのかによって選ぶ自転車保険も変わってきます。

現在、自転車保険を販売している保険会社が減っていることもあり、 選択肢が少ないという難点もありますが、たとえば、自動車保険そのものや、 自動車保険や火災保険などの特約に自転車事故に関する補償が含まれている場合もあります。

自転車事故は増加傾向にあり、自転車の利用者もまた増えていることから、 今後ますます自転車保険の加入を希望する人も増えてくると想定されます。

自転車保険の種類が少ないことから、たとえば盗難補償をカバーしていないなど、 1つの自転車保険では、希望する補償をすべてカバーできない場合もあります。

そのような場合は、自転車保険の加入をあきらめるのではなく、 ほかの保険の特約で足りない補償をカバーするよう検討するなど、 いくつかの保険を組み合わせるという方法も考えてみてはいかがでしょうか。

特に、自転車の盗難補償については、 自転車の販売店や自転車メーカーの盗難補償に加入するなどして、 自転車保険そのものは傷害補償や損害賠償補償などの金額や 補償内容を検討してみることをおすすめします。




その他の情報

自転車保険のランキング紹介!人気の自転車保険は?
ここ数年、自転車保険を取り扱う保険会社が少なくなり、 特に2004年以降、自転車保険の個人加入を取りやめや、 自転車保険自体を取りやめる保険会社が多くなりました。

自転車保険のメリットを知ろう!
自転車保険のメリットとは。
自転車はかなりスピードが出ますから、事故が起きた状況によっては、 かなり重症を負う場合も想定されます。

自転車保険のデメリットを知ろう。加入前に知っておきたいこと。
自転車保険は、自転車に乗っていて、怪我をしたとき、 相手に怪我をさせたとき、物などを壊したときに保険金による補償が受けられるというものです。

自転車保険を利用!人を傷つけてしまった時はどうする?!
自転車を運転しているときに、 誰かに自転車をぶつけてしまった場合にはどうすればいいのでしょうか?

自転車に乗っていて、自分が怪我をした場合
自転車保険で対処する!
自転車事故に遭って怪我をしてしまった場合には、かすり傷程度の軽症の場合を除き、きちんと病院で診断を受けるようにしましょう。

盗難にあってしまった場合の対処方法を知ろう
不幸にも自転車の盗難被害に遭ってしまったら、 すぐに近くの交番や警察署に届け出るようにしましょう。

盗難に会わないためには!まずはセキュリティ対策!
自転車の盗難被害は大変多く、 短い時間自転車から離れただけでも盗難の被害に遭うことは珍しくありません。

自転車事故はどうして起きるの?最近の道路事情
自転車保険の豆知識。
自転車事故は、増加傾向にあり、毎年、死亡事故をはじめ、自転車にかかわる大きな事故が多数発生しています。


自転車保険の選び方

自転車保険の選び方がわからない人へ。各社毎に紹介する、自転車保険の魅力をお伝えします。

関連エントリー

自転車保険の正しい選び方!それぞれの目的を見分ける!